名画の足跡を紐解く

モナ・リザを追って・・・

online tour

Mona Lisa

2021年11月5日(金) 16:00〜

世界の名画 「モナ・リザ」の足跡を追ってみよう

謎多き名画「モナ・リザ」。モナ・リザのモデルとなった人は誰なのか。イタリアで描かれた絵画がなぜフランスに?レオナルド・ダ・ヴィンチが生涯手放さなかったと言われているこの絵。運命に翻弄され、今はルーヴル美術館を安住の地としていますが、そこまでの紆余曲折の足跡を紐解きます。モナ・リザの知られざる顔が明かされるかも・・・。

What's Special ?

LisaLeo

モナ・リザのモデルとは誰か?

モナ・リザのモデルとなったと言われる人物は誰か?どこで生まれ、育ったのか・・・。どんな家庭環境だったのか。そして気になる「モナリザ」の生みの親 レオナルド・ダ・ヴィンチとの関係は?その謎に徹底的に迫ります!

Firenze

ゆかりのある場所をライブ中継

モナ・リザのモデルとなったと言われる人物の背景を理解したところで、次はそのモデルにゆかりのあった場所からライブ中継でお届けします。モナ・リザが描かれたとき、このモデルはどんな生活をしていたのでしょうか。現在の状況からその思いを馳せます。

背景

モナ・リザの後ろの背景はどこか?

モナ・リザの人物が描かれた後ろにある背景に注目したことはありますか?左右の背景が別の場所であるといわれていますが、それぞれどこの場所を描いているのか・・・。実は今も残ると言われているその背景の場所を実際に訪れてみました。 

ambois

イタリアの絵画がなぜフランスに?

イタリア出身の画家レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画がなぜルーヴル美術館に渡ったのか?レオナルドは生涯3枚の絵を離さなかったと言われており、その一枚がまさにこの「モナ・リザ」。そんな絵画がなぜフランスの手に?その謎に迫ります。

Louvre

翻弄された名画

安住の地「ルーヴル美術館」に落ち着いたかのように思われたこの名が「モナ・リザ」。ところが住まいをルーヴル美術館に移してからも、数々の困難に翻弄されてしまいます。フランスに渡ってからの波乱万丈の名画の宿命を追います。

Navigators

rhashimoto2

講師(絵画の説明)

(株)ブルーム・アンド・グロウ 代表取締役

橋本 亮一

昭和38年大阪府生まれ。大学卒業後、㈱日本旅行入社。海外旅行の団体営業、商品企画などの担当を経て独立。平成15年兵庫県芦屋市に、オーダーメイド型海外個人旅行を専門とする株式会社ブルーム・アンド・グロウを設立し、代表取締役に就任。神戸女子大学文学部非常勤講師(「観光文化論」「現代ツーリズム論」など)に加え、業界内外での講演を年間50回程度こなす。著書に『最新業界の常識 よくわかる旅行業界』(日本実業出版社)

riekohayashi2

現地中継

(株)ブルーム・アンド・グロウ ル・マエストロ主宰

林 利栄子

ヨーロッパウェディング ル・マエストロのウェディングディレクターとして、主宰を務め、現在はイタリア・フィレンツェを拠点に活動。日本で金融業界に10年近く勤めた後、2005年に海外ヨーロッパウェディングのコーディネートにフィールドを広げ、2006年から本格的にイタリア・フィレンツェに移住し、ウェディングプランナーとしてヨーロッパ全土を対象に結婚式を手がける。プランナーとして活躍する他、プランナーの養成スクールの講師として、次世代の教育にも努める。

お申込について

オンラインミーティングアプリ「zoom」利用 / 1端末2名様までご視聴いただけます 

【参加費用】
参加費3,500円 (税込) 

【申込締切】
11月2日(火)(先着順で締め切る場合があります)

Zoomリンクはお振込確認後、催行24時間前までにお送りします。

※キャンセル48時間前まで100%返金

※見逃し配信も1週間ご用意

お問い合わせはこちらへ

トップへ戻る